Q CAFE by Royal Garden Cafe、3月29日東京ミッドタウン日比谷にオープン

~ ワークスペース提供やIT活用でビジネス創出機会をサポート ~
 ロイヤルホールディングス株式会社で外食事業を担うアールアンドケーフードサービス株式会社は、3月29日(木)に開業するオフィス・商業などから構成される大規模複合施設「東京ミッドタウン日比谷」6階のビジネス連携拠点「BASE Q」に、「Q CAFE by Royal Garden Cafe」をオープンいたします。

「Q CAFE by Royal Garden Cafe」出店背景
 「Q CAFE by Royal Garden Cafe」は、日比谷の個性をいかして未来志向の新たな体験や価値を創出する「東京ミッドタウン日比谷」の街づくりコンセプトと、“地域の皆様になくてはならないお店”として、永続的(Sustainable)な街のコミュニティ基盤となる店舗づくりを目指す「Royal Garden Cafe」のコンセプトが合致し、今回の出店に至りました。

日比谷公園と皇居を一望できるテラスに隣接し、どなたでも楽しめる心地良い環境・おいしい料理と共に、新しいアイディアやビジネスを生み出す予約制ワークスペース(時間課金制テーブル)などを提供し、「BASE Q」に集うイノベーティブな人々の交流促進やビジネス創出のサポート機能を果たします。

 今後、「BASE Q」内で実施されるイベントのバックアップも行う予定です。「東京ミッドタウン日比谷」での体験を彩る店舗として、ロイヤルグループが持つ食の分野・レストラン運営のノウハウを通じ、ワークプレイスの提供や訪れた人々の交流促進を図ります。

「Q CAFE by Royal Garden Cafe」特徴
 「Q CAFE by Royal Garden Cafe」の運営会社であるアールアンドケーフードサービスは、2018年度のミッションとして「進化への挑戦」を掲げています。ロイヤルグループの中で、時代対応業態の開発と進化を担う事業会社として、新規開発を行うと共に、既存ブランドのブラッシュアップ・進化によって付加価値の向上をはかり、ミドルサイズチェーン化につながる確実な出店を進める予定です。この度オープンする「Q CAFE by Royal Garden Cafe」は、時代対応業態と進化という点で、既存の「Royal Garden Cafe」ブランドの進化を目指した新店舗です。

1.カフェスペースとワークスペースの設置
一般利用できるカフェスペース(96席)と、予約制ワークスペース(時間課金制テーブル、48席)の2つのゾーンを備えています。カフェスペースでは、気軽に利用できるカフェメニューや、しっかりとしたお食事までお楽しみいただけます。ワークスペースは、食事を取りながら、ミーティングやワークショップ、個人作業までお使いいただけるレンタルスペースです。幅広いワークニーズに応じたサポート環境を提供します。
*企画・デザイン:株式会社生活スタイル研究所

2.ITを活用した新たな取り組み
新産業創出の支援を目指すビジネス連携拠点「BASE Q」フロアに即した、「スマートなオーダー・会計・予約(スペース予約)」の実現に向けて、ITを活用した新たな取り組みを実施します。

(1)セルフオーダー制の導入
・タブレット(iPad)によるセルフオーダー(カフェスペース)
従業員によるオーダー伺い、お席へのドリンク・料理提供のサービスが基本ですが、一部テーブルではセルフオーダー用のiPadを設置。タブレットでのセルフオーダーにより、追加オーダーやすぐミーティングを始めたいといった際に、席にてお好きなタイミングでオーダーが可能です。
・お客様自身のデバイス(スマートフォン)からのセルフオーダー(ワークスペース)
入口のカウンターでお渡しするQRコードとワンタイムパスワード情報を使い、お客様ご自身のスマートフォンでサイトにアクセスしカフェメニューをオーダーされると、お客様の席へドリンクや料理を提供します。また、ネットでのレンタルテーブルの利用予約などが行えます。
*Okage株式会社のモバイルオーダーシステムを導入

(2)自動輸送機の導入(ワークスペース)
商品提供のオペレーションにシャープ製のAGV(Automatic Guided Vehicle)を導入し、キッチンから距離があるワークスペースからメニューオーダーが入った際の商品運搬を行います。AGVは既に工場などで活用されている無人配送ツールで、床面に敷設した磁気テープに沿って自走する仕様が一般的ですが、今回カフェ施設での使用にあたり、磁気テープ無しでの運用開発を依頼し、ハイブリッドタイプの運用が実現しました。機器に設置したタブレットで自走を制御します。

3.メニューコンセプトは「EAST&WEST」 各時間帯・幅広い利用シーンに応える多様なメニュー
館内や近隣オフィスで働くビジネスパーソンのデイリーユースや、気軽なティータイムのご利用、観劇や映画鑑賞の前後のご利用まで、豊かさを感じるクオリティを出来る限りリーズナブルにご用意。アルコールは、ブルックリンラガーやSPRING VALLEY BREWERYのクラフトビール6種を日替わりで提供のほか、クラフトビール4種とドラフトビール2種の計6種の飲み比べセットも販売します。

モーニングメニュー…スープセット500円(税込)本日のスープ、トースト、サラダ、ドリンクのセットです。
デザートメニュー…苺とベリースフレパンケーキ1,300円(税込)「Royal Garden Cafe」自慢のスフレケーキ。ベリーをふんだんに加えたおすすめデザート。
ランチメニュー…HIBIYA プレート1,700円(税込)サラダ・グラタン・メイン料理にライスまたはパン、スープ、ドリンクのセット。※土日祝日はデザート付き2000円で販売します。
 ヌードルランチ1,100円(税込)パスタやフォーなどの週替わりの麺料理とドリンクのセット。
グランドメニュー…生ハム&クレソン500円(税込)新鮮なクレソンと生ハムの風味がアルコールともよく合います。
 タルトフランベ:4種のチーズ1400円/ハーフ500円(税込)薄くのばした生地にフロマージュ・ブランを塗り、焼き上げました。モッツァレラやパルメザンなど4種のチーズづくしの一品。
※仕入れ状況に応じ、メニューは今後変更する可能性がございます。

「Q CAFE by Royal Garden Cafe」店舗概要
・正式名称:Q CAFE by Royal Garden Cafe(キューカフェ バイ ロイヤルガーデンカフェ)
・所 在 地:東京都千代田区有楽町一丁目1-2 東京ミッドタウン日比谷6階
・営業時間:平日8:30-22:00 土日祝日11:00-22:00
・座席数:144席(カフェスペース:96席/ワークスペース:48席)
・店舗面積:297㎡
・運営会社:アールアンドケーフードサービス株式会社
・公式サイト:Q CAFE by Royal Garden Cafeサイト https://royal-gardencafe.com/qcafe/

ご参考:「Q CAFE by Royal Garden Cafe」が取り組むテーマ
従来の「Royal Garden Cafe」のテーマ
1.Visible Food(ヴィジフルフード)
 食のすべて可視化し、安全・安心な食を提供…素材に触れられる生産者の顔・調理者の工程を「目に見え、触れられる」仕組みを具現化し安心・安全な食の提供を目指します。
2.Recyle Style(リサイクルスタイル)
継続的な取り組み、明確な社会性ある活動…生産者とお客様を、店舗と朝市を通じて循環型リサイクルでつなぎ、安心・安全な食文化を創造すると同時に、中古食材やバイオマス資源などを活用して、環境負荷の少ない店舗づくりを行います。
3.Local Support(ローカルサポート)
より深い地域との関係づくり…地域コミュニティの活動を支援するために、会食や会議・イベントの他、おひとり様でも利用できる場を提供することに加え、ケータリングやプロモーションサポートなど、多様なサービスを提供していきます。

「Q CAFE by Royal Garden Cafe」は、新産業創出を支援するビジネス連携拠点「BASE Q」フロアにて、新しいアイディアやビジネスを生み出す予約制ワークスペース(時間課金制テーブル)などを提供し、人々の交流促進やビジネス創出をサポート。ロイヤルグループが持つ食の分野・レストラン運営のノウハウを通じ、ワークプレイスの提供や訪れた人々の交流促進を図ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<本件に関するお問い合わせ先(報道関係)>
ロイヤルホールディングス株式会社 コーポレートコミュニケーション室
TEL:03-5707-8852  FAX:03-5707-8860 e-mail:koho@royal.co.jpメールはこちらへ
株式会社プラップジャパン 担当 朝比奈、横山、五味渕
TEL:03-4580-9105 FAX:03-4580-9131 e-mail:royalholdings@ml.prap.co.jpメールはこちらへ
※報道関係者様向けに各メニュー画像を用意しておりますので、ご希望の方はお手数ですが上記までご連絡ください


バックナンバー

PAGE TOP