グループトップコミットメント

社会から信頼される企業を目指して、
ロイヤルグループはCSR経営を推進します。

社会から信頼される企業を目指して、ロイヤルグループはCSR経営を推進します。

CSRは、決して特別なものではなく、企業として当たり前に持つべきもの、個人でいえば、「道ばたにごみを捨てない」というような 常識や倫理観に当たるものだと考えています。

ただ、企業というものは、様々な考えを持った人々の集合体であり、幅広いステークホルダーとのかかわりあいを持ちながら活動をしています。
そのため、ロイヤルグループという企業の人格を一つにするために、グループとしてのあるべき姿を示す必要性があります。

ロイヤルグループでは、社会においてあるべきその存在意義を、「ロイヤル経営基本理念」に定めています。
そこにある、健全な事業活動を通じて社会の健全な発展に寄与する、という考えは、ロイヤルグループが企業として持つべき普遍的なものであり、これを実現することはまさにCSRそのものだと考えています。

もちろん、時代の変化とともに、企業が社会から求められるものも変化し、変わっていかなければならないものもあります。
そこで、グループの全員が共有すべき、時代に適合した価値観や考え方を、「ロイヤルグループ行動基準」に定めていますが、これを、時代や社会の変化に合わせて進化させていくことも、 信頼される企業となるには欠かせないことだと考えています。

これらのことを、意識して行なうのではなく当たり前のこととして守れるようになることで、一過性ではない、持続性のあるCSRが実現できると考え、そのようなグループ企業となるよう努めてまいります。

代表取締役会長(兼)CEO 菊地 唯夫
代表取締役社長(兼)COO 黒須 康宏
PAGE TOP