ディスクロージャーポリシー

1. 基本方針

当社は株主、投資家等のステークホルダーの皆様に、公正で、正確な会社情報を提供するために、商法・証券取引法等関連諸法令および上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則等に従って、速やかな適時開示を実施しています。

また、これら法令、規則等で開示義務が定められていない情報についても、その重要度などを総合的に検討の上、ステークホルダーの皆様が当社を理解頂く上で役立つと判断した情報は、積極的に開示することを方針としています。

2. 情報の開示方法

適時開示に関する規則に則り、東京証券取引所への事前説明のあと、同社が提供する適時開示情報システム(TDnet)にて公開しています。

また、2004年(平成16年)2月1日施行の証券取引法施行令第30条にて「12時間ルール」が見直され、重要事実についてTDnetへの登録、掲載されたこと(公衆の縦覧に供されたこと)をもって、公表措置と認められましたので、当社のホームページにも速やかに掲載しております。

3. 業績予想について

当社は中間・期末の決算短信および第1・第3四半期財務情報等において、業績予想を公表しておりますが、この予想はその時点で入手可能な情報から判断して、一定の合理的な条件で作成したものです。

但し、実際の業績に関しては、様々な要因により異なる結果となる可能性がございますのでご承知おきください。

4. ホームページの「株主・投資家の皆様へ」の掲載について

当社は、上記の基本方針に基き、一部の個人や投資家に情報が偏らないように、ホームページの「株主・投資家の皆様へ」のページにおける情報開示によって、公平性と即時性が一層高まることを目指しております。

但し、予期せぬシステム上の障害などにより、情報開示が遅れる可能性もございますのでご了承ください。

また、同ページの内容は当社からの一方的な情報開示ではなく、株主、投資家などのステークホルダーの皆様のご意見を反映したものになることを目指しております。

PAGE TOP