代表メッセージ

株主の皆様には、日頃より格別のご支援を賜り厚くお礼申し上げます。

当社グループを取り巻く環境は、賃金・雇用環境の改善等により、引き続き緩やかな景気回復基調にあるものの、海外経済の不確実性や訪日外国人による消費拡大の鈍化、企業収益の改善の減速に加え、生活物価の上昇等による消費者の生活防衛意識の高まりもあり、景気は引き続き足踏み状態にあるといえます。
平成29年度を最終年度とする中期経営計画「Fly to 2017」の2年目となる今期は、当社グループが有する各事業が「成長市場」「成熟市場」のどちらに位置しているか、また、労働力の確保が困難な分野かどうかなどを見極
め、それぞれにあった成長を図るべく各種経営施策を着実に進め、平成28年度は、おかげさまで5期連続の増収、8期連続の経常増益となりました。

当社では、株主様への長期的かつ安定的な配当を株主還元の基本方針としており、内部留保資金を確保しつつ、
業績と連動した株主配当を継続的に実施しております。この方針のもと、平成28年度の配当金につきましては、前期と同額の1株につき20円といたしました。

株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成29年3月
代表取締役会長(兼)CEO 菊地 唯夫
代表取締役社長(兼)COO 黒須 康宏

PAGE TOP