ロイヤルホールディングス、食器洗浄工程のロボット化に向けた実証実験開始

~ 既存工程を9工程から4工程へ削減 顧客満足度、従業員満足度の向上へ ~
 ロイヤルホールディングス㈱は、グループ内の外食事業会社アールアンドケーフードサービス㈱が運営するサラダバー&グリルレストラン「シズラー 新宿三井ビル店」にて、食器洗浄工程にロボットシステムと超小型高圧食器洗浄機を導入し、2018年6月27日から人とロボットが作業を分担して協働を目指す実証実験を開始します。実証実験を通して作業の効率化と省力化を達成し、働きやすい環境づくりとさらなる顧客満足度向上を目的として取り組みます。

実証実験の背景
 日本において少子高齢化による生産労働人口の減少が課題となる中、ロイヤルグループではAIやロボティクスの活用を、労働力の補填に留まらず、お客様へのおもてなし向上など、人だからこそ価値を生み出せる業務に集中する契機と捉え、新たな付加価値の創造を目指しています。これまでキャッシュレスや新調理機器と自社セントラルキッチンのノウハウをいかした「GATHERING TABLE PANTRY」や、自動搬送機を導入した「Q CAFE by Royal Garden Cafe」など、新たにオープンする店舗で様々な取り組みを行ってきましたが、今回は既存店舗である「シズラー 新宿三井ビル店」にて実証実験を行います。既存店で実証実験の結果を得ることで他既存店へのイノベーション拡大を企図しています。

 実証実験では、当社のイノベーション創造部が中心となり「シズラー 新宿三井ビル店」の食器洗浄工程へ、ロボット向け制御アルゴリズムのライセンス事業を行う株式会社チトセロボティクスのロボットシステム(食器のピッキングと収納)と洗浄機製造・販売などを行う株式会社KyoDoの超小型高圧食器洗浄機(食器類の洗浄)を導入します。
〔写真…ロボットシステム(左)と超小型高圧食器洗浄機(右)〕

飲食店の食器洗浄工程は店舗運営を支える重要な工程ですが、バスボックスなど重い什器を扱い、中腰の姿勢で水作業を行うなど身体への負担がありながらあまり技術革新が進んでおりませんでした。ロイヤルグループは人とロボットの協働を目指す実証実験で食器洗浄工程の効率化と省力化を実現し、人だからこそ提供できる付加価値を探求、提供してまいります。
〔写真…ロボットによる食器の持ち上げ〕

実証実験の概要
 実証実験は2018年6月末から1年間を予定し、計画ごとに3段階に分けています。効率面(稼働時間・稼働人員・水道光熱費増減など)と、効果面(簡素化と働きやすさ・食器の洗い上がり状態など)の2項目から生産性が向上しているかを検証します。今回開始する第1段階では、ロボットシステムと超小型高圧食器洗浄機を導入して、5種類の皿の洗浄からピッキングと収納まで、人とロボットによる協働のあり方を検証します。実証実験終了時には、食器洗浄工程で皿の洗浄を全てロボットにより運用することを目指します。

【現状工程と実証実験第1段階工程の比較】
<現状の工程>
①バスボックスから食器を取る・②食器をシンクに浸す(浸水)・③食器をシンクから取り出し、ラックへ配置する・④プレリンスシャワーで洗浄前に残菜などを流す・⑤食器洗浄機へ食器を並べたラックを置き洗浄する・⑥食器洗浄機から取り出す・⑦ラックをスライドさせる・⑧ラックから食器をピッキングする・⑨食器を食器棚に収納する
  ↓
<ロボットシステム(皿のピッキングと収納)と超小型高圧食器洗浄機(食器の洗浄)の導入>
①バスボックスから食器を取る・②食器を裏返しコンベアへおき洗浄、浸水不要、前洗い不要・③ロボットが食器をつかむ、食器の大きさや高さ、絵柄などをミリ単位で認識する設定

第1段階のロボットシステム(ピッキングと収納)とコンベア式の超小型高圧食器洗浄機(食器類の洗浄)の導入で、既存の食器洗浄の作業が9工程から4工程へ削減されます。

■ロボットシステム
・会社名:株式会社チトセロボティクス(東京都台東区)
・代表:代表取締役 西田 亮介
・公式サイト:http://chitose-robotics.com/
ロボットの新しい運動制御理論『ALGoZa(アルゴザ)』に基づき、ロボットのキャリブレーションやティーチングを必要とせず、0.1mm単位の高精度な位置姿勢制御を実現できます。カメラでロボットの動きを制御し、さらに食器の大きさ、高さ、絵柄などを認識させることで、今回の実証実験では、食器のピッキングと仕分け、収納作業を行います。

■超小型高圧食器洗浄機
・会社名:株式会社KyoDo(東京都大田区)
・代表:代表取締役 溝口 明隆
・公式サイト:http://kyo-do.net/
高圧コンベア式洗浄機をコンパクト化し、高圧での噴射圧で洗浄能力が高く、シズラー既定の洗浄温度を実現。現行より作業工程の削減と洗い上がりの向上が期待できます。シズラーの洗浄で、約7割を占める皿とキッチン・サラダバーで使用する備品の洗浄工程を9工程から4工程まで削減します。洗浄稼働時間・スピードにおいても能力アップが見込めます。

【「チトセプロジェクト」の紹介】
今回の取り組みは、2016年より立命館大学とロイヤルグループの飲食業におけるロボット化についての検討を進める中、「食器洗浄工程」に特化する方向性を打ち出し、同大学総合化学研究機構先端ロボティクス科学センターの技術シーズを基に2018年3月に起業したチトセロボティクス社と共に、食器洗浄工程自動化ロボットの開発を目指す「チトセプロジェクト」を発足したものです。
ロボット技術で減少する労働人口問題の解決を目標とするチトセロボティクス社、機械化の一環として超小型高圧食器洗浄機をロボットと協働できるようカスタマイズに協力いただいたKyoDo社、そしてロボットシステムのピッキング、スタッキングの面でスペースが確保できる「シズラー 新宿三井ビル店」が協同で進めてまいります。

ロイヤルグループは、生産性向上によってホスピタリティなど人だからこそできる付加価値の探求、提供を目指してまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<本件に関するお問い合わせ先(報道関係)>
ロイヤルホールディングス株式会社 コーポレートコミュニケーション室
TEL:03-5707-8852  FAX:03-5707-8860 e-mail:koho@royal.co.jpメールはこちらへ
株式会社プラップジャパン 担当 朝比奈、五味渕、野村
TEL:03-4580-9105 FAX:03-4580-9131 e-mail:royalholdings@ml.prap.co.jpメールはこちらへ
※報道関係者様向けに各画像を用意しておりますので、ご希望の方はお手数ですが上記までご連絡ください

バックナンバー

PAGE TOP